淡麗なる飯能うどん 小松屋

飯能うどんを初めて食べる、そんな人にぜひオススメしたい店がここ、小松屋です。個性を主張しすぎないうどんは、老若男女万人に受けること間違いないのであります。

お品書きを見ると、うどんには「せせらぎ」と「むさしの」の二種類があります。初心者さんは、なめらかな喉越しが魅力の「せせらぎ」を注文しましょうか。麺色の乳白が美しく、醤油が勝ちすぎないつゆとの相性もいい。ちょっと飯能うどんっぽくない上品な味わいが、お店の雰囲気ともよく合っています。そばもうどん同様、誰にも好まれるやさしい味わいです。

IMG_0393

うどん、そば両方とも、もりは並1枚でも充分の量があり、それなのに値段は650円(税別)とかなり手頃。

土蔵を改装した店内からは手入れのいきとどいた庭が望める、飯能市内でもっとも雰囲気がいい店のひとつ。絹糸産業や木材の集積地として栄えた、往時の飯能に思いを馳せながらのひと時をぜひ。

IMG_0389

 

小松屋
飯能市本町3-10

(2015.02)

 

 

2015-03-06 | Posted in 飯能tabeteComments Closed 

関連記事